自然食とお手当て

5年前ご縁があり自然食とお手当てを学び始めました。

前からこのご縁に感謝していましたが、

最近一段と学んでいてよかったと思うことがありました。

私は、マクロビは大森かずえ先生から学び、中医学も学び

現代栄養学も学びました。

フレンチの料理教室でまじめに復習しすぎて体調も崩しました。

断食でココロと身体がいかに変化するかも体験しました。

Myogaでティーチャーズトレーニングも学ばせていただきました。

沢山学びお伝えさせていただき

本当に毎日きちんと続けていけるのは、自然食と自然療法だと思います。

時々、大変な病気になってしまった方とご縁をいただきます。

お食事やお手当てで、大切な友人のお手伝いができるのは本当にありがたいです。

決して、押し付けませんし、まずは医療第一です。

お医者様に掛かりながら、これから、食と生活をどうするか。

負担にならない範囲でできることお手伝いでき良かったと思います。

友の快復を聞き、ほっと胸を撫でおろしています。

畑を持っていることで、本当に私が自信をもって育てた野菜を大切な方にお届けできることも幸せです。

お金を使って何かをするのは一番簡単

だと思います。

何かの時に、自慢の料理やおかずをお届けできるのも幸せなことです。

自然食をしている方には、お肉はお届けしないので。

雑魚の山椒煮や車麩の煮物、お野菜の煮物など

お肉が好きな方には、お夕飯のメインになりそうな、煮豚やローストビーフ

お子さんがいる方には、お食事にもなるキッシュなど。

持ち寄りの会には、野菜のこじゃれた一皿を。

家事ができると

お掃除のお手伝いもでき、友やお世話になってる方のお役に立てて嬉しいです。

まだまだ一生精進の日々ですが、

今日も、感謝してにっこり過ごします。

いつもありがとう。

読書は、私の中では贅沢な時間です。

教室や仕事の資料を読むのは別。

夜は疲れて眠くて読めないし、

昼間はやる事がある。

それでも、無理をしてでも本を読む。

もっとずっと読んでいたい、先が気になる人を引き付ける文章、ずっと読んでいて心地よい不快でない文章と内容に引き付けられてしまいます。

お天気が今一つの日は、本を持って山の家に行きます。

本を読み、お天気が回復したら外仕事と、時折贅沢な一日を過ごします。

 

行くところ

畑の青紫蘇が永遠に採ってもなくならないぐらいあります。

朝早くから青紫蘇100枚収穫して

お届けしました。

私の好きな方のおうちが3件並んでいるところがあるんです。

おもしろいですね。

端からピンポンして。

1件目のお宅は、お主人さまにもお世話になっているので、ご主人と奥様にご挨拶して近況をお話しして青紫蘇を。

2件目のお宅は、お留守だったので自転車の籠へ。

3件目のお宅では、お茶をご馳走になりました。

いつ行っても快く迎えていただける場所があることに感謝。

そして、皆さん私の野菜を喜んでくださる。

季節のお野菜を少しずつお裾分けしています。

 

 

好きなもの

 

毎朝ヨーグルトを食べています。

乳製品よくないと言われ辞めてた時期もありますが、やっぱり好きなので。

20年育て続けてるヨーグルトです。

夏は米麹の甘酒と小豆をトッピング。

小豆や黒豆はむくみに良いですが、お砂糖を入れて炊いたら効果ゼロなので私は水で煮るだけ。

土鍋でコトコト煮ると美味しいです。

まとめて煮て、この後小豆寒も作りますが、その時に黒糖を足します。

朝はヨーグルトと自家製パン

ジュンチャバリです。

もうすぐsummerのお茶が来ます。

お教室の皆さんといただきます。

献立

今、教室では、実習重視です。

以前は見て食べるだけでしたが、

今は一緒に作る。

ほうれん草のお浸しでも茹でてそのあとどうするか、どう切るか、どう野菜を洗うか。

ちょっとしたことで美味しさは随分違います。

みんなでやることで、人と違うことも沢山あり発見が多いのです。

ある日の我が家のお夕飯

珍しく揚げ物ですね。

消化を良くするために大根おろしが添えられ

キャベツ千切りも。ソイマヨネーズがかかってます。

畑ナスと大葉

自家製漬物です。

おかずが多すぎると身体を冷やします。

ご飯と交互に食べて調度なくなるぐらいのおかずの量になるようにしています。

ごはんを食べない人がいますが、私は反対です。バランスが悪いので。

体重を落としたいなら全体を減らしたほうが良い。

これは、我が家の平均的な食事。

一日忙しいと夕方力尽きてしまうので、作り置きの常備菜と組み合わせます。

皆さんの食卓はどんなかしら。

私の自慢は、材料と道具を大切にしていること。

ココロを込めて、丁寧に野菜を切り、煮物、焼き物、揚げ物

丁寧に作ること。

雑な気持ちで作ると味に出る。

嬉しいのは、料理屋のように出汁や調味料が濃い分けじゃないけど、素材の旨味がしみじみ美味しいと言っていただけること。

悲しいのは日頃からお薬を服用されてる方は、味覚がわかりにくいようです。

そういう方は、自分のココロと身体を信じ健康になれますように。

私は雑誌のような小洒落た盛り付けなどのセンスはないけれど

心に届くお食事を作れるよう

これでも努力しています。

ぐずる日

時々機嫌が悪くて私ぐずります。

朝目覚めてから何故か機嫌が悪い。

そんな日に限って忙しくゆっくり座れない。

ココロが疲れてしまうんだと思います。

本当は私に必要なものは全て揃っていて満たされてるのに、そのことを忘れてる時。

身体が疲れてる時。

その日はなんとか頑張って、森に行って癒されます。

 

子供の頃好きだった食べ物

・トーストに薄くバターを塗って

グラニュー糖を振りかけて食べる

・ツイスト揚げドーナッツ

・ピーナッツチョコ

・黒糖のかりんとう(今も)

・マックシェイク

・トップスのチョコレートケーキ

・東京會舘のお菓子プチケーキ       いつの日から添加物が増え日持ちが伸びてから美味しくない。

・…

今は食べなくなったものも沢山。

私が口にするものの変化。

ココロの変化も凄い。

それについてはまた今度。

私が作るものも

私が料理を始めた当初とだいぶ変わりました。

最近ね、真に受けちゃいけないと思いますが

美味しいと言われることが増えて嬉しいんです。

私も、食に対する意識がまた変わった気がします。

人は死の直前まで学び進化するですから当たり前かもしれませんが。

みんな毎日何作ってるんだろう。

頭で考えない 身体に任せる

夜、寝付けなくって

今日は朝まで起きてるのかなという日も

朝目覚める。知らぬ間に寝てる。

身体はちゃんと自然に良いようになる。

ごちゃごちゃ考えずとも

ココロと身体が心地よいことだけしてれば

仕事も遊びもひらけていく。

思いがけない嬉しいことも起こる。

そして、何よりも

私が1番幸せになる。

いつも声をかけ気遣ってくれる

友に感謝です。

今日も感謝の気持ちで過ごします。

いつもありがとう。

季節

 

先日、和歌山の特上の紫蘇と友から送られて来たので、シソジュースを作りました。

それから、10日ほどして、私の畑の勝手に生える紫蘇も程よいサイズに育ちました。

赤紫蘇、最初去年だと思いますが、タネを撒きましたが育ちがわるかったんです。

それが、こぼれ種で今年はあちこちから目を出し、梅に赤紫蘇を入れたいバッチリなタイミングに良いサイズになりました。

植物はあれこれ悩まなくても自然に場に適応して自分らしく育つ。

感謝して、梅に入れて、まだ沢山あったので紫蘇ジュースにしました。

お酢の酸味が脳の裏にキュッと

熱い時に助けてくれます。

特集号

今年も無料配布の特別号がでました。

私の心に響く事が沢山書かれています。

欲しい方、お声がけください。

数に限りがあります。