季節の仕込み

春は野草の仕込み

夏はトマトソースとかブルーベリーソース

今は、沢庵のための大根をベランダに干し、せっせとゆずジャムを仕込んでいます。

白菜漬けも完成です。かぶら寿司も。キムチは今年はお休み。

畑を持っていると、畑仕事のほかに収穫した野菜の処理というのがありそれなりに忙しいのですが、それは嬉しく楽しい忙しさで、心も身体も整います。

沢庵の大根は、畑から車に運ぶのもかなり重くてふーふー言います。

泥だらけなので湧き水のところで、たわしで大きな大根をせっせと洗います。水も冷たいのですが、慣れると手がポカポカしてきます。

もう、大分沢庵が干せてきたので、週明けか明日か、時間を見つけて糠で漬けなくては。私の都合ではなく、沢庵の様子に合わせます。糠は我が家でいつも食べている自然栽培玄米を精米して炒って用意します。沢庵のために、ミカンや柿の皮を干して用意してあります。

添加物の入っていない漬物を買うのは至難の業。

なぜ漬物を食べるのか。日本人に必要な菌様をいただき長い腸を整えるから、日本人には必要なのです。それが薬だらけの漬物だったら食べる意味がないのです。

口にするものは本物でなくちゃ。

 

ゆずジャムは1回1kg仕込むのに3時間近くかかるので、夜な夜なの作業です。

きび糖で作りますが、ゆずのきれいな色を出したいときは白いお砂糖です。

本当は、秋の蓬も取りに行きたいのですが、今年は断念です。

本格的な冬になる前にしっかり準備します。

空間

お友達の家に行くと素敵なお部屋にうっとりします。

凝った方は、行くたびにソファーの位置、テーブルの向き、オブジェが変わっていて素敵です。

美術館に行っても空間がスッキリ無駄がなく心が落ち着きます。

スターバックスもどこの店舗も同じ内装で、スターバックスのBGMでなんか集中してデスクワークがはかどります。

家でスターバックスのBGMを流しても全然違います。

空港のラウンジであったり、出先の宿、場所によって気持ちってだいぶ変わります。

自分が心安らぐ空間作りが上手にできるようになりたいと思う今日此の頃です。

不平不満愚痴が出てくるとき

私の中から愚痴が出てくるとき

身体がとっても疲れていて余裕がないのです。

楽しい気分 前向きな気持ちになれない時 感じてなくてもきっと肉体は疲れてるんです。だから、開き直って、眠ったり ぼっーとします。

嫌な気持ちのまま何かを無理やりしても良い出来栄えにはならないと思います。

開き直って思いっきり寝るって大事です。

遊ぶ

人生いかに沢山楽しく遊ぶか。

先日、とてもお世話になっているお教室の生徒様のお宅にお茶にお呼ばれして

その方のお友達も沢山集まって、

みんな口々に言っていたこと。

頑張って、仕事のようにせっせと楽しく遊びます!

目の前の小さな出来事より、大きなスパンで私の大きな人生を観る。楽しむ!

 

毎日いろいろ

毎日いろいろあります。

理不尽だと思って 心乱れること

あまりにいい人に出会って、あの人はなんでいつもあんな素敵な笑顔でいられるんだろう。イラっとすることないんだろうか。いい人すぎて不思議とか。

で、考えてもわからないことを考えるのやめる。

私は私。今日も朝が来ることに感謝して心穏やかに始めます。

いつもありがとうと、美しい空に向かって心の中で声をかけます。

 

さて、最近の私。

たくあん用の大根を干したり、

農家のお友達の大根干しの手伝いとか、白菜漬けの手伝いをしつつ、いろいろ教えてもらう。

自然の中で作業すると、不思議と疲れない。心が軽く元気になる。

美しい自然の中でのんびりしたくなったらお声がけくださいね。

 

私のビッグプロジェクトが、また少し前進です。

進んで、また一難現る。きっと春から動き出す。

応援してくださる方々がいることにこころから感謝です。

きょうもいつもありがとう。

皆さんもこころがほかほかになりますように。

 

目的と行動

忘年会シーズンです。

ウチには、お料理の方、着付けの方、心のクリーニングの方、ハイキングに行く仲間お茶をお求めの方、私が使っている食材や道具を分けてほしいという方、お手当てをしにいらっしゃる方

いろんな方が日々いらっしゃいます。

私は、目的もなくおしゃべりだけで集まることはあまりしません。

そこにプラス学びがないと時間ももったいないし、一石二鳥の方が良いから。

同じ学びを求める方々とご一緒させていただく時間は格別です。

ぼちぼち、それぞれの目的のグループの方との集まり、有意義な漸進的な会話の年の瀬に感謝です。

不平不満愚痴 心の奥の奥の固いところ

あっという間に1カ月近く経ってしまいました。

毎週火曜日東京へ行くというサイクルは、少し息切れしそうな時もあります。

会う人々にずっと訊かれ続けているのは、

そこで何を学びたいの?

お料理は、身体を整える病気を治す食事、料理を懇切丁寧にきっちり学んでいます。

けれど、それじゃないんです。本当に求めているものは。

心磨きですね。

岡田先生の学び。アナ健の学び。それぞれです。

不平不満愚痴

をいう人は、自分でそういうことを言っている意識がないのかなって思います。

だから治らない。

不平不満愚痴、うまくいかないことを子供のころの親の対応、家族のこと、友人、人のせい環境のせいにしているうちは、人生開けないなって、最近強く思います。

だって、それは過ぎたことで過去。過去に縛られているうちは前に進まない。

この瞬間から先は自分で作るんだから。

心の奥の奥の奥

固いギュッとしたしこりのようなものがあって、緩まらない気がしてましたが、

緩めないのは私。

一気にビュンと前進はできないけれど、一進一退。その中でも時々大きな階段を上がる時エイヤッって、上がる時もある。

屁理屈捨てて笑顔で進んだらいいね。

私は

何があっても私を支えてくれる助けてくれる

家族、友人、先生がいる。

昔は、そう感じられていなかった。

今、心から信頼できる人とだけお付き合いできていることに心から感謝。

来春から300㎡の畑を新たに拡張します。

地主さんから土地を借りるのですが、その土地は今は草ぼうぼう。

草も立派な木のようになってしまって、私ではどうにも太刀打ちできないので

地主さんに草刈り機で刈ってもらって、私がその草を片付けるのが仕事。

9月ぐらいからコツコツ時間のある時にやってましたが、暑かったり、なかなかきつい仕事で少しずつやってました。

終わる日が来るのか不安になりましたが、地主さんにお願いしてしまった以上ヤル気を見せなくてはとコツコツ。

そして、先日、地主さんも手伝ってくれて、ほぼゴールが見えてきました。

次回は、一緒にユンボで地面を天地返しして、頑固な草の値を取り除きます。

土の準備をして、来春から広い畑での作業が楽しみになってきました。

一人じゃ難しいと思っても助けてくれる人がいる、信頼関係が深くなる

今、私がお付き合いしている人は心から信頼できる人ばかりです。

そういう環境に心から感謝。

生命力

玄米

玄米は芽が出ます。

白米は芽がでません。

そういう意味で玄米は生命力のある食べ物だと思います。

生命力のあるものを食べていると体感が違うように思います。

それを感じるには食べることに集中する。TVやおしゃべりしていては味の本質も感覚もわからない。脳がそっちに働いちゃうから。

本当に身体を滋養する食事をする時には、静かに食べること。集中していただきます。

白米

白米は、食物繊維が無いです。

なので、白米を食べていると覿面に便秘になります。

私が自分で体調が良いと思える食事には、食物繊維が必要。

だから、きんぴらごぼう、ひじき、根菜の煮もの、が必要。

緑黄色野菜も必要。

お肉やお魚は毎日じゃなくても良いけど、たまにしっかりめに食べたくなる。

身体に必要なものは身体が教えてくれる。

マイナスに転ぶのは簡単。

負のエネルギーはびっくりするほど強いから。

心も身体も健やかになれる食事を大切にしています。

おやつは時々少しだけ。とっておきにお楽しみです。

ココロと身体が健やかな方が私には大切です。

最近は、お料理のプライベートレッスンにいらっしゃる方が多いです。

おしゃべりしながらよりもじっくり作り食べることをしたいそうです。

 

 

魂を磨く

人は魂を磨くために生きている

なんて、良く言いますが、私もそう思います。

先日、出先で時々ご一緒するお仕事関係の方に急にお茶に誘われました。すごく忙しい方なのに、私と2時間もお茶をしてくださり、ほとんどずっとその方が話してましたが。貴重な大切なお話を沢山聞かせてくださいました。

話を聞いているだけで魂が磨かれたと感じ 本気で生きている人のエネルギーに感動しました。

困った時、辛い時。私の場合は、さほどのことはないのですが。

それでも、必ず必要な時に必要なお助けが来るものだと。

毎日があること

良いと思うこと嫌だと思うこと全て毎日の沢山の出来事

出会う人々に

ココロから感謝。