できるということ

こうなりたいから、〇〇をやった方が良いとわかっていてやっていない、

行動を起こしていないことありませんか?

私は、沢山あります。

言い訳ですが、やりたいことがたくさんありすぎて手が回らないのも事実です。

でも、すぐ出来るのにやってないことも沢山あります。

先日、私の恩師の先生からお電話をいただき、

どんどんやりたいことやりなさいと叱咤激励されました。

趣味じゃなくて、仕事にしてどんどんやりなさいと。

そしたら、本当に先生の熱い熱意、私を応援してくださっている気持ちで、

スイッチが入り、今まで面倒に思ったり、腰が重かったりなかなか手がつかなかったことがどんどん進むんです。

先生が実践して、出来る姿、あきらめない姿を見せてくれているから

リアリティがあり、納得できて実践できるんだと思いました。

私のもう一人の恩師の先生も、確かにあきらめない姿勢を見せてくださってる。

そういう、熱い思いを受け、私も少しずつエンジンかかってきています。

何かを始めるとき、できるか、出来ないか。

できないと思ったらその瞬間で全ておしまい。

できると思ったら、出来る。

方法がすぐにわからない時もできると思っていればきっとできる方向へ向かうと

今頃になって心の深いところで思えるようになった感じです。

そしたら、先日の、コーチングのクライアントさまの行動改善も

すんなり力強くリードできたと。

コーチングを受け、どんどん行動改善し、進みたい方向へ加速して歩まれる方の瞳はキラキラして美しいです。

金沢でコーチングを受けてみませんか?心がどこか軽くなりますよ。

 

心を込めて

NLPを通し、心のトレーニングをはじめ5年ぐらいになります。

2013年の2月からはじめました。

以前の私は、うわべだけのコミュニケーションしかしていなかったと思います。

人付き合いは、駆け引きのようなものだと思っていました。

だから、うわべだけで本心をあまり言わないから、全然いい関係が築けない。

誰かと一緒にいても疲れるだけで楽しくなかった。

ワイワイにぎやかにしていてもどこか寂しさが心につきまとってました。

けど、そんなものだと思っていました。

自分の心と向き合うようになってから、目からうろこな体験、気づきがたくさんありました。今でもしばしばです。

そんな私だったから、最初は人の心に寄り添った会話の練習が難しくって、どう話を切り出したら良いかとっても時間をかけて考えていました。

やれば磨かれる

けれど、コツコツ続けているうちに、まだまだですが以前よりずっと相手の心の深いところに寄り添えて来たように思います。

結果は目に見える

その結果として、教室の生徒さんが増えたり

友人関係が本当に楽しく、家族や友人、仕事関係の方々、昔からお世話になっている尊敬する方から、励ましお手紙やお電話をいただくことが出来たり、

大好きな友人が、気軽に家に泊まりに来てくれたり。

私は、夫の仕事の都合でしばし引っ越しをし、あちこちで暮らしています。

金沢に来て、今度の5月で丸3年。金沢で薬膳料理教室をはじめて2年。

既に、かけがえのない友人、人間関係ができていることは、

自分の心と向き合い、自分の良いところも悪いところも認めてあげる。

ことができてきたからだと。

これは、私のNLPの先生である 大阪感性Lab.の岡田裕之先生がいつも仰っている言葉ですが、最近やっと、この言葉の意味が肉にしみてきた感じです。

日々の生活の中で、自分が続けていることが良いなと自分で思えることが幸せです。

心を込めて、相手と、そして自分と付き合う。

相手のためだけでなく、まず自分の心の幸せを大切に日々過ごしていきたいです。

コミュニケーション講座のご案内

毎月第3土曜日、東茶屋街 町屋塾さんにて開催です。

毎月1回自分とじっくり向き合ってみませんか。

私自身は、この講座を通して自分の良くない思考の癖を知り、

以前より うまくコントロールできるようになったと思っています。

完璧な人なんていないし、私も上手く行かないこともある。

けれど、その中で自分の心が少しでも平穏で良い方向へ向かっていく

コツを得ることが出来たと。

ココロも身体と同じジムのようなトレーニングが実は必要だと思います。

年を取ると頑固で傲慢になりやすいと感じています。

ココロも身体と同じようにほぐし未だ見ぬ自分に出会ってみませんか。

お待ちしてますね。

お問い合わせは、フォームから又はメールで。

tearoomharuko@nifty.com

1月の予定

金沢・中国茶 薬膳料理教室

中医学に基づく薬膳料理教室。

身体は食べ物でできていますから、

食を改めるとさらに体調が良くなったり、不調が改善されたり

真面目に取り組んでいらっしゃる方はどんどん元気になってます。

お互いの都合の良い日で開催しております。

内容や、場所、詳細、

お問い合わせフォーム、もしくは、メールでお問い合わせください。

tearoomharuko@nifty.com

コミュニケーション講座

毎月第3土曜日15:00~16:30ぐらい(1/20)

場所:金沢東茶屋街町屋塾さんにて

1回/2,000円

NLPのエッセンスを使ったコミュニケーション講座です。

人は皆違います。同じ様に言っても伝わらないのは何か原因があるはず。

相手の問題か、自分の問題か。

改善したい行動、思考があるのにできない。他に問題があるのかも?

また、体の不調は自分も気づかないストレスかもしれません。

いろんなことをワーク形式で体験していただきます。

自分の深層心理に迫りまだ見ぬ自分を知ることができます。

人間は無意識の状態で大事な判断をしていると言われています。

五感を活性化することで、無意識にアクセスしやすくなることができます。

是非お試しいただきたいと思います。

本気の肉まんレッスン

月に1度3カ月間のレッスンです。

宿題もバッチリあります。

一生ものの美しい肉まんを作る技術を身に着けませんか?

食堂 小春日和

不定期の水曜日だけオープンの食堂です。

1月10日31日営業日です。

9:30~朝ヨガ 1,000円

11:00~食堂

安心安全の食材を極力ご用意するようにしています。

自然栽培米、在来種の野菜など。

お天気の都合上そろわない時もできるだけ良い食材を集めています。

日々の生活のアイデアになるような献立でお待ちしてます。

お茶は、ジュンチャバリをお出ししています。

場所:石川県河北郡津幡町上野ル151-1

日水花(ヒミカ)内

日水花さんは、水曜日曜営業の自然栽培のお花屋さんです。

 

茶縁

私がお茶との関わりを持ち始めたきっかけ

一番最初の投稿で軽く触れましたが、
もう少しだけ詳しく語ると‥

中国で一緒にお茶を習い始めた友人のおかげです。
3ステップになっていたクラスで、最初の1ステップをご一緒した友人は、
早々に日本に帰国してしまいました。

2ステップからは、以前から仲良しになりたいと思っていた憧れのお友達とご一緒させていただけることになり本当に嬉しくってワクワクしていたのが思いだされます。

私とあと2人。あとの2人はお茶に詳しく、お茶についてあ~でもないこ~でもないと
お茶談議に花を咲かせていて、私は、まだ始めたばかりで話について行けず・・
どこか寂しい気持ちでした。
みんなと同じようにお茶談議に加わりたい。
その気持ちからです。
お茶が心底好きだったわけではないのです。

けれど、月日を重ね、友人は帰国したり、私も帰国したり、
一緒に教室をやっていた時期もあるけれど、彼女は教室も辞めてしまい、、。

いいきっかけをくれた友人たちに感謝デス。

お誘いをいただく

お茶好きと言っていると、茶園に行こうとかいろんなお誘いを受けます。

はじめていったのは、広州の英徳紅茶の試験場。

その後、安渓、武夷山、ダージリン、スリランカ、ジュンチャバリ…

日本にいても、お茶会や勉強会…

日本の茶園…

お茶にかかわっているだけで人間関係がどんどん広がりどれもが

大切なかかわりになっています。

つい、数日前の出来事。

古い友人が最近中国へ出かけ飲んだお茶が美味しくてどうしたら手に入れられるかと

FBに投稿していました。

それがきっかけで、彼女のためにお茶を吟味してお送りさせていただいたり、

(友人のために彼女好みのお茶を吟味。広東烏龍鳳凰タンソウの香りが良いものを

ご希望はライチのような香り。)

良いお茶にかかわっていると良いものが好きな人たちと繋がっていくんだなぁ~と。

お茶がきっかけでお誘いをいただいたり人の輪が広がるお茶の力はすごいと

お茶を始めた時から今もずっと思えていることがお茶の力がすごいと日々思います。

今年も、年初から茶園が広がり、どこまで広がるのか楽しみです。

 

 

 

ココロのあり方

上手く行くとき行かない時

何かをする時、した時、楽しくてスイスイ上手く行くときと

一応はうまくできたけど、その後、心の中で不平不満を思っているとき

私は、両方ある。

先日、とっても楽しい時間を過ごしたのですが、楽しいんだけど楽しいだけ。

それも大事だけど、発展性のない時間が無益に感じてしまいました。

次の行動や何かに繋がるものが得られなかったと感じてしまったのです。

実際は、そんなことはなく、私のココロが傲慢だったからそう思っただけ。

不平不満が出たりするときは、間違いなく私の心の在り方に問題がある。

全て自分。

わくわく楽しい気持ち、遊び心を忘れずに仕事も遊びも人付き合いもしなくてはと

思ったある一日でした。

そういうこと、気になったら、

NLPのエッセンスを取り入れたコミュニケーション講座やってます。

1年を通し、毎月1回のコミュニケーション講座です。

自分のことってみんなわからない。

だから、自分を知ることをワークスタイルでやったり・・

伝えても、同じように伝わるとは限らないから、

そういうことをワーク形式で体験したり…

自分のココロと向き合うココロのジムのような、ヨガのような時間

楽しいので是非お越しください。

毎月第3土曜日 15:00~16:30ぐらい 1回/2,000円

2月まで年間申し込みは 20,000円。

NLP本科コースのご案内もしています。金沢でいかがですか?

大阪、感性Labから岡田裕之先生をお招きしてます。

金沢 東茶屋街 町屋塾にて

tearoomharuko@nifty.com

ジュンチャバリとの出会い

衝撃

2016年の春だったと思います。友人が連れていってくれた都内の某カフェで

おすすめのお茶をお願いします とオーダーして出していただいたのがジュンチャバリでした。

うわぁー!美味しいのは当たり前ですが、茶湯の美しさ香りお茶から感じる力。

何のお茶ですかと伺い、初めて耳にしたジュンチャバリと言うお茶に衝撃を受けました。家に帰り、すぐにこの茶園に行ってみたいと強く思い行動に出た日のことを忘れられません。

結局、その年の訪問は、あまりに急すぎて叶わなかったのですが、

夢叶う

昨年2017年の秋に茶園訪問が叶いました。

ネパール、カトマンズから飛行機で1時間そこから更に車で3時間。

標高1850mの山の上に茶園はありました。

私にとってネパールは20年ぶり。大昔のこと過ぎて、前回訪問したカトマンズとポカラのガイドブックで良く見る景色、前回滞在した街並みや良くのんびりしに行っていたカフェの景色だけを漠然と覚えていました。2015年の大地震を経てカトマンズがどんな変化を遂げているのか、。正に不安と期待が入り混じる気持ちで。そして、今回は私を案内してくださった方とまずは2人でカトマンズ入りすることが出来ました。

カトマンズで数日滞在して、ジュンチャバリのオーナーの方ともお目にかかり、他のメンバーとも合流して茶園に向かいました。

茶園で

早朝カトマンズを出て、茶園に着いたのは午後だったと思います。

本当に山の高いところ標高1850mの所に茶園はあり、いつも何となく寒い感じ。ユニクロのダウンは常に着てさらに他の上着も重ね着してました。

着ぶくれしてます。。

茶園では、2泊したのですが、着いた日に茶摘みしたお茶を夕方から萎凋させ、翌朝から揉捻、酸化発酵、乾燥のすべてのプロセスを省くことなく見せていただきました。

待っている時間は、何回もいろんなお茶をテイスティングさせていただいたり

茶園を歩き周囲の環境をじっくり見せていただきました。

何故足を運ぶか

今までにも、静岡牧之原、梅ヶ島、中国のあちこちの茶園 安渓は3回、武夷山、英徳紅茶、ロンジンは2回、台湾坪林、阿里山、ダージリンマカイバリ、スリランカヌワラエリア&キャンディも2回、ワインも好きだから、フランス、カリフォルニアナパ、オーストラリア、南アフリカ…気になって行ってしまう。

好きなだけなんです。

美味しい植物が育つ環境。肌で感じているから行かなくても空気感はわかりますが、行くともっと細かいところや、現地の食事、ライフスタイル、自然環境・・・

茶葉だけでなく、トータル的に見た方がお茶ができるまでのストーリーが見えるので、結局わかるということは楽しいんです。

お茶がわかるとは言いません。季節や品種、気候など、いろんなことでお茶は常に変化します。だけれでも、その茶園らしさを常に持ち、愛されるお茶ができる様子に少しでも触れられることが私は楽しいのです。

オーナーや茶園で働く人々の思いも大切にしています。

2018年の秋、ジュンチャバリに行きませんか?

ご興味のある方、メッセージでお問い合わせください。

手配のお手伝いをさせていただきます。

毎年、秋にジュンチャバリへツアーを送り込むことを目標にしてます。

ジュンチャバリファンが増えますように。

 

食とココロとヨガができるまで

中国でのお茶との出会い

2003年10月から2009年5月まで、中国広東省シンセンで暮らしました。

中国では、どこに行ってもお茶が身近で、
レストランで座るとまずお茶の注文をします。

プーアル、鉄観音、菊花、・・・

とお姉さんが早口でお茶の種類を言って、私も素早く返答するのです。

街にお茶市場もあり、お茶の問屋さんがずらりと並び、
山積みのお茶を売っていたり、茶道具も沢山並んでいました。

いつか、あのかわいらしいお茶道具でお茶を淹れてみたいな〜と思いながら眺めていました。

私が住むマンションの1階にもお茶屋さんがあり、台湾人の老板(ラオバン・オーナー)の店でした。
ちょっと、高めでしたがセンスの良い店構えで時々行ってはお姉さんと世間話しながらお茶を飲み
お付き合い程度にお茶を買っていました。
当時は、お茶のことが何もわからないので、ジャスミンばかり買っていました。

あと、使い方は全くわからないけど、茶盤も素敵な木彫りのがとても気になり購入し
2年ぐらいは押し入れにしまっていたと思います。

中国での暮らしも4年が過ぎ、いつ帰国してもおかしくない時期に入りました。

私の頭をよぎったのは、義理の母です。
「はるこさん、中国では何をしていたの?」と言われそうな気がしてしまったのです。

中国語は頑張ったけど、自慢できるものがもっと他にもないと、
認めてもらえないような気が勝手にしてしまって、

そうだ!中国茶を習おうと!思ったのが、始まりです。

お茶を学び始めたきっかけは、広州の茶芸講座でした。

最初は、人づてに、広州の婦人会で1週間で初級茶芸師の資格が取れる講座があるらしいと聞き
1週間なら頑張って、通いましょうと
片道2時間、特急電車を使い広州までせっせと通いました。

結構大変で、かなりエネルギーを使いましたが、1週間の詰込みの後、
残念なことに何も身についていない感じでした。

そして、その講座通いの中で以前シンセンに住んでいて広州に引っ越した友人に
久々に再開することが出来ました。

そして、彼女が、日を改めて広州に是非遊びに来てと誘ってくださり
本当に嬉しくて感謝して遊びに行きました。

中国の暮らしは、日本にいる人から見たら毎日何してるの?と暇そうに思われていましたが
日本と同じように、日々の暮らしがあり、来客も多く、
人が来ると一日つぶれ、滞在中に学びたい中国語の勉強の時間が思うように取れなかったりでした。

誰かを頼って遊びに行きたくても、当時の私は負担をかけてしまうことばかり気にして
なかなか、自分から行きたいと言い出せない人でした。
今は、考えを改め、存分に喜んで楽しんで出かけていく人になりましたが。

そして、日を改め広州に遊びに行き、彼女に連れていってもらったのは
ある 日本人が経営するお茶屋さんで、かなりしっかりした内容の茶芸講座を開催している店でした。
中国人の先生のレベルも高く すぐにここで学びたいと思いました。

それから、2年間週に2回、私の広州通いが始まり、

シンセンでも茶藝教室を始めることになり、帰国後も今に至るまでずっと、続いています。

お茶にはまり、薬膳、NLP、ヨガへ

何故、私がお茶にはまったか。

広州で茶藝をじっくり習い始めてからも、
先生にあなたは、どのお茶が一番好きと聞かれても
水 と答えるぐらいお茶のことはわからなかった私ですが、

次第に、練習の後 自分で丁寧に入れる1杯のお茶が何とも言えないやすらぎを
心にもたらすと気づき始めました。

最初に、好きになったのは、安渓鉄観音花香です。

お茶を飲むと、素晴らしい香りに心ほぐれただ美味し以上に
もっと多くのことが得られる気がしました。

どんなに疲れていても、お茶を1杯飲めば、また一仕事頑張れる元気をもらえるのです。

それから、お茶についての興味が強まり、

お茶と言うものを少しずつ追及し始めました。

途中から、お茶でこれだけ元気になれるのなら、
食事ももっとよく考えたらもっと元気になれると
中医学に基づく薬膳を学び始めました。

さらに、5年前よりNLPを学びはじめ
食だけでなく、ストレスなど心からくる不調をケアするには
NLPはとても有効的だとNLPのエッセンスを使ったコミュニケーション講座もはじめ

運動のためにヨガクラスも始め

そして、今の、「食とココロとヨガ」が出来上がりました。

いわたはるこ
食とココロとヨガ
food.mind&yoga
中医学に基づく薬膳料理教室と中国茶教室
コーチング コミュニケーション講座
ヨガ

tearoomharuko@nifty.com